ブリード現象とは / コーキング工事関連商品・コーキング剤の輸出入・OEMのシャープ化学工業株式会社

シャープ化学工業
メールでのお問合せ
サイディング色検索
塗料適合性検索
よくあるご質問
施工例
サイト内検索
ブログ
もくもく補修材
JFK工法
もくもく補修材
賢者の選択
ビジネス番組で紹介されました
塗料非汚染保証システム
共色施工

ブリード現象とは

ブリードとは
外壁などのひび割れをコーキング材で補修する際、「ブリード」といわれる現象が起きることがあります。
外壁にミミズ跡のように、グレーの汚れが浮き出て、ベタついた状態になっているのを見たことがある方もいるのではないでしょうか。
このような現象を「ブリード」と呼びます。

ブリードの原因

「ブリード」現象は、コーキング材に含まれる可塑剤がにじみ出てくることで起こります。
可塑剤が補修表面に溶け出た塗料や汚れと反応して変色してしまうのです。
その原因は、コーキング材と塗料の相性です。相性が悪いものを使うと反応することによって、その成分が表面ににじみ出て変色してしまうのです。

最近では、コーキング材が改良され、ブリード現象も減ってきていますが、可塑剤やコーキング材の知識が不足していると、ブリード現象が起きてしまうので注意したいものです。

〇可塑剤
コーキング材を使うときに、下地処理としてコーキングの柔軟性を与えるためのもの。
コーキングの柔軟性は、気温の変化による収縮が起きたときに、ひび割れを起こさないよう塗膜を柔らかくする目的で使用されます。

ブリードを起こさないためには

コーキング材を選ぶとき、ノンブリードタイプを選びましょう。
ノンブリードタイプのコーキング剤を使うと可塑剤の移行がおこりにくくなり、ブリード現象を防ぐことができます。

シャープ化学工業のノンブリードタイプコーキング材
ノンブリード商品群 「塗料非汚染保証システムペイントシリーズ」参照
http://www.sharpchem.co.jp/info/paint.html

コーキング関連情報 リンク集

コーキングのOEM加工を依頼するなら【シャープ化学工業】まで

私たちシャープ化学工業は、コーキング剤の開発・製造・販売から、コーキング工事関連商品・コーキング剤の輸出入・コーキングのOEM加工の受託まで、コーキングにまつわる様々な業務を行っております。

商 号 シャープ化学工業株式会社
所在地 〒592-8352 大阪府堺市西区築港浜寺西町13-12 【地図
TEL 072-268-0322
URL http://www.sharpchem.co.jp
コーキング剤の開発・製造・販売 / コーキング工事関連商品・コーキング剤の輸出入・OEMのシャープ化学工業株式会社 お問い合わせはこちらから