外壁コーキングの劣化補修のポイント / コーキング工事関連商品・コーキング剤の輸出入・OEMのシャープ化学工業株式会社

シャープ化学工業
メールでのお問合せ
サイディング色検索
塗料適合性検索
よくあるご質問
施工例
サイト内検索
ブログ
もくもく補修材
JFK工法
もくもく補修材
賢者の選択
ビジネス番組で紹介されました
塗料非汚染保証システム
共色施工

外壁コーキングの劣化補修のポイント

外壁コーキングの劣化症状

外壁のコーキングの劣化が気になってきた……と気になっていませんか。
最近外壁に使われているサイディングボードは耐久性が向上しており、サイディングよりも外壁コーキングの劣化が先にはじまります。
ご自宅の外壁コーキングを一度チェックしてみて、その対策を考えてみましょう。

外壁劣化の主な症状

【ひび割れ】
外壁コーキングにひび割れができていませんか。このまま放置すると細かいひびが大きな溝となり破断状態になります。

【肉やせ】
外壁コーキングは年数を重ねるとコーキングの収縮により肉やせ状態となり、サイディングとコーキングの間に隙間ができています。

外壁コーキングの劣化を放置して起きる問題

外壁コーキングの劣化を放置しておくと、その隙間から雨水が侵入し、サイデイング内部の腐食やカビの原因となります。
サイディング内部の断熱材にカビが生えたり、骨組み木材が腐食してしまうと、ご自宅躯体の安全性に関わリます。
また、このような状態になってからの改修には時間と費用がかかります。
早めの外壁コーキング補修が賢明だと言えるでしょう。

外壁コーキングの方法

外壁コーキングの補修をする際、「業者への依頼」「自分でのDIY」の選択肢があります。

業者への依頼

@ 打ち替え
既存の外壁コーキングを取り除いて新しい外壁コーキングを打つこと。
コストは掛かかるが、耐久性が高い。
目地180mの費用目安(足場費用は別途):30万円程度

A 増し打ち
既存の外壁コーキングの上から新しい外壁コーキングをうつこと。
コストは抑えられるが、耐久性が劣る。
目地180mの費用目安(足場費用は別途除):15万円程度 

自分でDIY

コストは抑えられるが、仕上がりが不安定で安全性対策は必要。

外壁コーキング補修で必要なもの
*コーキング剤
*コーキングガン
*マスキングテープ
*ヘラ

目地180mの費用目安(足場費用は別途除) 6〜7万円程度 

外壁コーキング補修では適切なコーキング剤を!

「コーキング剤」と一口で言っても、市販されているコーキング剤の種類は膨大にあります。何を選べばいいか悩まれると思います。
外壁コーキングには、「変性シリコン系のコーキング剤」の仕様をオススメします。

シャープ化学工業では、多彩なコーキング剤を扱っています。
系統・商品名・キーワードからご希望の商品を検索することができます。

コーキング関連情報 リンク集

コーキングのOEM加工を依頼するなら【シャープ化学工業】まで

私たちシャープ化学工業は、コーキング剤の開発・製造・販売から、コーキング工事関連商品・コーキング剤の輸出入・コーキングのOEM加工の受託まで、コーキングにまつわる様々な業務を行っております。

商 号 シャープ化学工業株式会社
所在地 〒592-8352 大阪府堺市西区築港浜寺西町13-12 【地図
TEL 072-268-0322
URL http://www.sharpchem.co.jp
コーキング剤の開発・製造・販売 / コーキング工事関連商品・コーキング剤の輸出入・OEMのシャープ化学工業株式会社 お問い合わせはこちらから