JP

ENG

CH

  • ピックアップ

シャーピー高耐候NB-LM コーキング剤

シャープ化学工業のコーキング剤

シャーピーヘンセイシリコーンNB-LMコーキング剤は、低モジュラスでノンブリードタイプです。新築や改修、サイディング及びその取り合い塗装目地に最適な特徴を持つコーキング剤で、長きにわたりご愛顧いただいているコーキング剤です。目地の動きが大きい箇所にコーキング適合可能でありながら、独自のノンブリード配合により仕上げ塗材との相性がよく、黒ずみや汚染がほとんど発生いたしません。このヘンセイシリコーンNB-LMコーキング剤の基本性能を受け継ぎ、耐候性と接着性を向上させたシャーピー高耐候NB-LMコーキング剤が新たに誕生しました。当社のノンブリード商品群の最高峰商品として、窯業サイディングボードの塗り替え時でも安心と満足とを自信を持ってお届けいたします!

高耐候NB-LMコーキング剤の特徴

より耐候性と接着性を向上させ、硬化性についても最適化されたハイグレードタイプのコーキング剤採用が安心です。

高耐候NB-LMコーキング剤の対候性

シャープ化学工業のコーキング剤

約20年相当光量を照射後でもコーキング箇所の表面劣化がほとんどないという結果もあるコーキング剤です。

デューパネル光コントロールウェザーメーターにてコーキング箇所の耐候性促進試験を行う。

シャープ化学工業のコーキング剤
波長313nm
サイクル条件照射48分+水噴霧あり照射12分、
ブラックパネル温度63℃、湿度50%RH
試料の厚み3mm(23℃7日間養生)

シャーピー高耐候NB-LMコーキング剤の耐久性

JIS A 5758・JIS A 1439における耐久区分8020

@ 初期目地幅で50℃温水24h+80℃加熱20%圧縮 168h+-20℃冷却20%拡大24h。このサイクルを2回行う
A目地幅の拡大・圧縮繰り返し試験 (±20%×2000回)


シャープ化学工業のコーキング剤
シャープ化学工業のコーキング剤

JISA 5758・JISA 1439の耐久性試験は試験@の後試験Aを行い、異常がなければ合格です。しかし、高耐候NB-Lコーキング剤には更に試験Aを3回、合計8,000回もの目地幅の拡大・圧縮繰り返し試験後でもコーキング箇所の異常が出ない結果を出しています。

  • 高耐候NB-LMコーキング剤の接着性

  • 高耐候NB-LMコーキング剤の硬化性

外壁リフォームはトータルで考えるということ。住宅の外壁は窯業サイディング、金属、タイル、石材等々多種多様であり、こうした様々な部材とコーキング剤料をトータルに考えなければ、満足度の高い結果は得られません。コーキング剤だけの性能を高めることも可能ですが、トータルバランスの中で品質は決定されるとシャープ化学は考えています。

材料の相性をとことん追求した高性能コーキング剤
高耐候NB-LMコーキング剤について詳しくはコチラ >>

コーキング関連情報 リンク集

コーキングの基礎知識・豆知識
コーキングを上手に使うためのポイント
コーキングの作業実例

コーキングのOEM加工を依頼するなら【シャープ化学工業】まで

私たちシャープ化学工業は、コーキング剤の開発・製造・販売から、コーキング工事関連商品・コーキング剤の輸出入・コーキングのOEM加工の受託まで、コーキングにまつわる様々な業務を行っております。

商 号 シャープ化学工業株式会社
所在地 〒592-8352 大阪府堺市西区築港浜寺西町13-12 【地図
TEL 072-268-0322
URL https://www.sharpchem.co.jp
コーキング剤の開発・製造・販売 / コーキング工事関連商品・コーキング剤の輸出入・OEMのシャープ化学工業株式会社 お問い合わせはこちらから

コーキング関連情報 リンク集

PAGE TOP