JP

ENG

CH

  • ピックアップ

スタッフブログ

≪ シリコーンとヘンセイシリコーン  ¦ トップページ ¦ 鉄道技術展 出展中! ≫


シーリング材の施工量(QandA)

こんばんは! 

シーリング材を施工されるとき、どのくらいの量が必要か、どのように計算していらっしゃいますか?

よくいただく問いあわせに「どのくらいの量のシーリング材が必要なの?」

というものがあります。

一般のお客様から、お店の方まで、様々な方からお問い合わせいただきますが、

実は、簡単な数式で求めることができるんです。


(施工メーター数)=(包装用量/ml)÷[(目地幅/mm)×(目地深さ/mm)]

この式に当てはめて計算していきます。

たとえば、320ml入りのシーリング材を、10mm×10mmの目地に充填する場合、

320ml÷(10×10)=3.2m! とこのような式になります。 

ただ一つ注意していただきたいのが、320ml入りのカートリッジのシーリング材を使っても、きっちり320ml使いきれるということではないことです。

たとえば、へらについたシーリング材をぬぐったり・・・・ちょっと試しに出してみたり・・・・ならした時にあまったシーリング材をそのまますててしまったり・・・・施工する中で『ロス』が発生します

そのような場合、実際に施工できる量から、ロスを引いて計算してみてください。

シャープ化学では、2割で計算することが多いです。

320mlの2割が何かの事情で施工できないままになるので、実際に施工できるのは256mlですね。

256ml÷(10×10)=2.56m になりますので、約2m半前後施工できる計算になります。

このように、とても簡単に求めることができます。

ぜひ試してみてください。

 

 

 

 


by 営業W ¦ 16:53, Wednesday, Nov 06, 2013 ¦ 固定リンク

カレンダー

←前月 2013年11月 次月→
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ログイン

コーキング関連情報 リンク集

PAGE TOP