コーキング剤の開発・製造・販売 / コーキング工事関連商品・コーキング剤の輸出入・OEMのシャープ化学工業株式会社

シャープ化学工業
メールでのお問合せ
サイディング色検索
塗料適合性検索
よくあるご質問
施工例
サイト内検索
ブログ
もくもく補修材
JFK工法
もくもく補修材
賢者の選択
ビジネス番組で紹介されました
塗料非汚染保証システム
共色施工

コーキングってなに?

シャープ化学工業のコーキング剤

コーキング(caulking)は、建築物の気密性や防水性のために、施工の際にできる隙間を目地材などで充填することをいいます。

その材料であるパテなどのことを「充填材」「コーキング剤(caulking compound)」「コーキング剤(caulking agent)」または単に「コーキング」と呼びます。

コーキング剤の種類や用途は数多くあり、建築用シーリング(コーキング)の規格は、JIS A 5758で規定されています。


コーキングの充填材料

コーキングの充填材料には、

  • シリコン系
  • 変性シリコン系
  • ウレタン系
  • アクリル系

などがあり、それぞれ用途が異なります。

→詳しくはこちら「コーキング剤の種類をわかりやすく図解」をご覧ください。

コーキングの分類

〇「1成分形」(湿気硬化タイプ)  
事前にすべての成分を混合してあるものをいい、自然と硬化するコーキング剤。
カートリッジ型でホームセンターでも購入することができ、施工面積の小さな箇所で使われます。
DIYでも利用手軽に利用することができます。

〇「2成分形」(反応硬化タイプ)
押し出しす時に「2成分形」のコーキング剤と「硬化剤」を混ぜ合わせて硬化するコーキング剤。
そのままでは使用できず、専用の撹拌機でかき混ぜて使用します。
1度にたくさん作ることができるので、ビルやマンションなどの施工面積の大きな箇所で使われます。

弊社では「1成分形」をはじめ、取り扱い店舗が多くない「2成分形」も販売しております。
→商品一覧・商品検索はこちら

コーキングのタイプ

シャープ化学工業のコーキング剤

ガラスはめ込み(グレイジング)に使われているコーキング剤は「タイプG」として、その他のものである「タイプF」と別に分けられています。

「タイプF」のものは、目地幅の変形度によってクラスわけされており、さらに、変形度が大きいものに関しては、引っ張り応力に対する耐性の差(「モジュラス(modulus)」)により、サブクラスに分けられています。

「高モジュラス」のほうが引っ張り応力に強く、変形度が小さいものに関しては、塑性変形するかしないかで、サブクラスわけされます。


どんなコーキング剤を選べばいいのか悩んだときにはこちら
DIY、補修材 >>

コーキング剤製品の検索はこちらからも可能です。
商品一覧・検索 >>

コーキング関連情報 リンク集

コーキングの基礎知識・豆知識
コーキングを上手に使うためのポイント
コーキングの作業実例

コーキングのOEM加工を依頼するなら【シャープ化学工業】まで

私たちシャープ化学工業は、コーキング剤の開発・製造・販売から、コーキング工事関連商品・コーキング剤の輸出入・コーキングのOEM加工の受託まで、コーキングにまつわる様々な業務を行っております。

商 号 シャープ化学工業株式会社
所在地 〒592-8352 大阪府堺市西区築港浜寺西町13-12 【地図
TEL 072-268-0322
URL https://www.sharpchem.co.jp
コーキング剤の開発・製造・販売 / コーキング工事関連商品・コーキング剤の輸出入・OEMのシャープ化学工業株式会社 お問い合わせはこちらから