JP

ENG

CH

  • ピックアップ

スタッフブログ

≪ ピタッと!Peel施工例!  ¦ トップページ ¦ 接着の日 ≫


プライマーの施工量について

 

「シーリング材を施工するとき、どのくらいの量が必要なの?」

という問いあわせをよくいただきますが、それと一緒に「プライマーは?」

プライマーは、シーリング材を施工する前に、施工する箇所に塗っていただいて 接着性の強化などをしていただくものですが、非常に粘度の高いシーリング材と比べてさらさらとした液体になっています。

刷毛で塗っていただいて、プライマーが乾いてからシーリング材を施工する、という手順になります。

シャープ化学のP-50プライマー150ml500mlの二つのサイズがありますが、

どの程度施工できるかは、状況によって大きく変わります。

プライマーは揮発性の高い液体であるため、使っている間にも溶剤は揮発してしまいますので、ロス率の計算は難しいですし、水分をよく吸うモルタルに使う場合と、水を弾く金属に使う場合で、使用量は変わってきます。

目安として、

シーリング材10本に対して 150ml入りのプライマー を1缶

30〜40本程度のシーリング材に対して500mlが1缶が必要量になってきます。

(ざっくり目安で申し訳ないですが・・・・)

シーリング材を使われる際は、プライマーを忘れずに使用してくださいね!


by 営業W ¦ 10:14, Friday, Sep 26, 2014 ¦ 固定リンク

カレンダー

←前月 2014年9月 次月→
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

ログイン

コーキング関連情報 リンク集

PAGE TOP