JP

ENG

CH

  • ピックアップ

部補修に最適なJFK工法

シャープ化学工業のコーキング剤

安定した玉吹き形状を持続させることが可能になった、部補修に最適な新コーキング工法です。大中小の模様にも対応可能で、先端ノズルが約6cmあり、あらゆる角度からコーキング吹付けることができます。また、インナーノズルをカットしないで吹付けコーキングすれば、ゆず肌ベース吹きコーキングを行うことが出来ます。しかもコーキング剤の飛散が少なくコーキングすることが出来るため、後片付けが早く終わらせることが出来る点も特徴的な新コーキング工法です。

シャープ化学工業のコーキング剤

JFK工法コーキング手順

JFK工法コーキング手順1
シャープ化学工業のコーキング剤

コーキング剤の出口であるインナーノズルをカットします。

JFK工法コーキング手順2
シャープ化学工業のコーキング剤

カートリッジの防湿膜を破りインナーノズルをセットします。その後ジェットフローガンにコーキング剤を装てん。


JFK工法コーキング手順3
シャープ化学工業のコーキング剤

ジェットフローガンのキャップを緩め、ねじ込み式のアウターノズルを装着します。


JFK工法コーキング手順4
シャープ化学工業のコーキング剤

ジェットフローガンの先端ダイアルを吹付け印(3本線マーク)から1ネジ目まで回します。


JFK工法コーキング手順5
シャープ化学工業のコーキング剤

ジェットフローガンのトリガーを目一杯握り、レギュレーターを一定位置から少しずつ上げていく。


JFK工法コーキング施工のポイント

コーキングの前に

■コーキングガンカートリッジに取り付けるインナーノズルは、3段目より少し上でカットしてください。
■キャップを強く閉め(キャップのネジ山にシールテープをお勧めします)アウターノズルをねじ込み式にはめてください。

コーキングの際に

■コーキング剤の吹き始めは、先端ダイアルを1本線マークと3本線マークの中間地点(カーソルは全180度回ります)にカーソルを合わせてから、レギュレーターを0から徐々に(5mm間隔)開いていってください。その際、指先のトリガーは目いっぱい握っていて問題ありません。
■ご希望の玉が飛び始めたらレギュレーターから手を離し、トリガーのみ握りコーキング剤を吹付けてください。
■コーキング玉形状を少し大きくしたい場合は、コーキングトリガーの握りを一旦解除し、1本線マークに向かってカーソルを2mm間隔で様子をみながら回していってください。再度コーキングトリガーを握ることで大きくなったコーキング玉形状が飛びます。うまく出ない場合はレギュレーターを一旦絞ってから、再度高めていってください。

JFK工法コーキング施工の注意点

■現場環境により多少ダイアルの設定位置が変わる場合がございます。コーキング施工前に調整し形状をご確認ください。
■コーキング剤カートリッジ装填前にプランジャー(コーキング剤カートリッジ容器底部)を押し、バリを取って滑りやすくして下さい。コーキング剤カートリッジ内部にエアーの混入を防ぎます。
■インナーノズルを先端から30mmより下でカットした場合はコーキング剤が逆流しキャップ内部が汚れます。万一、キャップ内部がコーキング剤で汚れた場合は水で洗浄してください。
■ノズル先端がエアーにより硬化しやすくなります。定期的にウエスなどで拭き取ってください。
■ノズルやコーキングガンのキャップ内部で硬化が進んだ場合は水に1時間程度浸けると洗浄しやすくなります。
■コーキング玉形状を大きくしていく過程で、先端ダイアルの中間地点にセットしたカーソルを1本線マークに向かって回しますが、1本線マークから1ネジ目を超えることはありません。万一、1ネジ目を超えて吹付けた場合、アウターノズルの内側がコーキング剤汚れ形状が安定しない場合や、コーキングガンのキャップが汚れ、洗いの手間が発生します。

準備物

ジェットフローガン3(JF3) 1丁 【初回購入時】
インナーノズル・アウターノズル各5本入り
微弾性フィラーエポCT 10本 320ml入りカートリッジタイプ
※塗料下地材がベースとなっていますので、コーキング剤に不向きな薄層施工となるような施工箇所に最適。
コーキングノズルカッター 1本 インナーノズルのカットに最適
インナーノズル 10本 追加注文の場合
アウターノズル 10本 追加注文の場合

※ジェットフローガン3に変成シリコーンコーキング剤やウレタン系コーキング剤カートリッジを装填すればVカット面などへコーキングガンとして使用することが出来ます。

コーキング関連情報 リンク集

コーキングの基礎知識・豆知識
コーキングを上手に使うためのポイント
コーキングの作業実例

コーキングのOEM加工を依頼するなら【シャープ化学工業】まで

私たちシャープ化学工業は、コーキング剤の開発・製造・販売から、コーキング工事関連商品・コーキング剤の輸出入・コーキングのOEM加工の受託まで、コーキングにまつわる様々な業務を行っております。

商 号 シャープ化学工業株式会社
所在地 〒592-8352 大阪府堺市西区築港浜寺西町13-12 【地図
TEL 072-268-0322
URL https://www.sharpchem.co.jp
コーキング剤の開発・製造・販売 / コーキング工事関連商品・コーキング剤の輸出入・OEMのシャープ化学工業株式会社 お問い合わせはこちらから

コーキング関連情報 リンク集

PAGE TOP