JP

ENG

CH

  • ピックアップ

SKパウチシリーズの施工方法

はじめに
SKパウチシステムは優れた効果が得られる省ゴミ対策容器です。
使用後に1/10の大きさにまで縮まります。
その他に、在庫スペースを縮小できる、傾斜のある場所で使用しても転がることがないので安全、等の特色もあります。
また、容器が柔らかいので手絞りも可能です。
今回は、専用のコーキングガンを使用して、パウチ入りのシリコーンを施工しています。
もし、ガンをお持ちでない場合、手絞りでも施工可能です。
開封
SKパウチのお尻の部分を握ってフィルムを張るようにします。ノズルかドライバーのような尖った物で吐出口の中を破ります。
ノズルの取り付け
ノズルを取り付けます。
手絞りで作業をする場合は、この時点で準備完了です。
パウチガンに装てん
専用パウチガンにSKパウチを装てんします。
通常のカートリッジガンはご使用いただけません。
当社では、パウチ専用エコガン、パウチ専用プロガンなどを取り扱っています。
キャップを閉める
キャップを取れないようにしっかり閉めます。
施工
後は、通常のコーキングガンの使い方とほぼ同じです。
レバーを引いてシーリング材を押し出します。
ノズルの先が細すぎるとパウチ袋の破裂につながりますので、注意しましょう。
使用後パウチの取り出し
キャップを開けて潰れたゴミを取り出します。ソーセージタイプと違いほとんど手や工具を汚しません。
ゴミの減量
カートリッジタイプに比べゴミの量がこんなに少なくなります。
カートリッジ容器の場合と比べて、およそ1/10のサイズです。
シーリング材を大量に使われる方にお勧めの容器です。

コーキング関連情報 リンク集

PAGE TOP